プラスチックからプラスチック、金属、ガラスに最適なエポキシ接着剤

Shenzhen Deepmaterial Technologies Co., Ltd は、中国の工業用エポキシ接着剤サプライヤーおよびエポキシ樹脂メーカーであり、プラスチック対プラスチック、金属、ガラス、コンクリート用の最高の最強のエポキシ接着剤、プラスチック用の高温エポキシ、工業用強度のエポキシ接着剤、最高の熱伝導性を製造しています。エポキシ、低温エポキシ接着剤、電子エポキシ封止剤ポッティングコンパウンドなど。

プラスチック用エポキシ接着剤は、さまざまな用途に使用できる強力な接着剤です。 壊れたプラスチック オブジェクトの修理から新しいオブジェクトの作成まで、エポキシ接着剤は、しっかりとした耐久性のある結合を求めるすべての人にとって優れたソリューションとなります。 このガイドでは、利点、利用可能な種類、効果的な塗布方法など、プラスチックにエポキシ接着剤を使用する際に知っておくべきことをすべて説明します。

プラスチックに最適なエポキシは、Deepmaterial であり、プラスチックからプラスチック、金属、ガラス、コンクリートに最適な最強のエポキシ接着剤であり、エポキシ樹脂と硬化剤からなる XNUMX 液系です。 樹脂と硬化剤を組み合わせることで、数分で乾く耐久性のある高強度の結合が形成され、すべての金属およびコンクリート表面の修理、充填、および再構築に使用できます。

プラスチック用のエポキシ接着剤は反応性接着剤とみなされます。 これは、硬化して硬化する接着剤を形成するには、XNUMX つの別個の要素間で化学反応が必要であるためです。 瞬間接着剤のような接着剤も、環境条件に反応する一液型接着剤である点を除いて、反応性があるとみなされます。 通常の白いクラフト接着剤は非反応性接着剤です。 接着剤や接着剤を選択するときは、貼り付ける素材と表面を考慮することが重要です。
以下に、いくつかの一般的な例のクイックリファレンスポイントを示します。
プラスチック、ゴム、グラスファイバー、金属、ガラス用エポキシ接着剤
金属、プラスチック、ゴム、ガラス、グラスファイバー用のアクリル系接着剤
プラスチック、布地、皮革、金属用のシアノアクリレート系接着剤
プラスチック等各種表面用ウレタン接着剤

最高のプラスチックエポキシで作業を開始する前に、すべてが準備され、準備が整っていることを確認する必要があります. エポキシが混合されると、作業時間は制限されます。 このため、準備が完全に整っていることを確認する必要があります。 作業スペースをきれいに整え、接着剤を付着させたくないものを片付けます。 プラスチックエポキシの硬化には、気温と湿度も影響しますので、注意してください。 理想的には、湿度のない華氏 75 度前後の環境で作業する必要があります。 作業エリアは十分な空気の流れで十分に換気する必要があります。 これは、エポキシが強力な煙を放出する可能性があるためです。 これらのガスの吸入に注意しないと、健康上のリスクを引き起こす可能性があります。 これらのタイプのエポキシ接着剤は、多くの場合、非常に可燃性でもあります。 以下は、プラスチックにエポキシを使用する際の便利な手順とコツです。

プラスチックからプラスチック、金属、ガラスに最適なエポキシ接着剤

プラスチック用エポキシ接着剤の完全ガイド :

プラスチック用エポキシ接着剤とは?

プラスチックにエポキシ接着剤を使用する利点は何ですか?

プラスチック用のエポキシ接着剤はどのように機能しますか?

プラスチック用エポキシ接着剤にはどのような種類がありますか?

プラスチックに適したエポキシ接着剤を選択するにはどうすればよいですか?

プラスチック用エポキシ接着剤を選択する際に考慮すべき要素は何ですか?

プラスチックにエポキシ系接着剤を使用する際の安全上の注意を教えてください。

プラスチックにエポキシ接着剤を使用する場合に必要な材料は何ですか?

エポキシ接着剤で接着するために表面を準備するにはどうすればよいですか?

プラスチック用のエポキシ接着剤を混合するにはどうすればよいですか?

エポキシ接着剤をプラスチックに塗布する際のヒントは何ですか?

エポキシ接着剤の硬化時間は?

プラスチックから余分なエポキシ接着剤を取り除く方法は?

プラスチック用エポキシ接着剤を使用した後、ツールと表面をきれいにする方法は?

プラスチック用エポキシ接着剤の保管方法は?

プラスチック用エポキシ接着剤の捨て方は?

プラスチック用のエポキシ接着剤の一般的な用途は何ですか?

プラスチック用エポキシ接着剤はさまざまな種類のプラスチックに使用できますか?

温度はプラスチック用エポキシ接着剤にどのように影響しますか?

プラスチック用エポキシ接着剤は屋外で使用できますか?

低温でプラスチックにエポキシ接着剤を使用する方法は?

高温でプラスチックにエポキシ接着剤を使用する方法は?

プラスチック用エポキシ接着剤を柔軟なプラスチックに使用するにはどうすればよいですか?

硬質プラスチックにプラスチック用エポキシ接着剤を使用するにはどうすればよいですか?

テクスチャーのあるプラスチックのプラスチックにエポキシ接着剤を使用する方法は?

滑らかなプラスチックのプラスチックにエポキシ接着剤を使用する方法は?

多孔質プラスチックのプラスチックにエポキシ接着剤を使用する方法は?

プラスチックにエポキシ接着剤を使用するときに避けるべきよくある間違いは何ですか?

プラスチックにエポキシ接着剤を使用する際の一般的な問題のトラブルシューティング方法は?

プラスチックからエポキシ接着剤を取り除くにはどうすればよいですか?

エポキシ接着剤を使ってプラスチック製の物体を修復するにはどうすればよいですか?

エポキシ接着剤で新しいプラスチック製品を作成する方法は?

プラスチックからプラスチック、金属、ガラスに最適なエポキシ接着剤
プラスチック用エポキシ接着剤とは?

プラスチック用エポキシ接着剤は、プラスチック表面間に強力で耐久性のある接着を作成するために特別に配合された接着剤です。 エポキシ接着剤は、樹脂と硬化剤の XNUMX つの成分を混合してから塗布します。 XNUMX つの成分が混合されると、強力で耐久性のある結合を生み出す化学反応が起こります。

プラスチック用エポキシ接着剤は、壊れた物体を修理したり、さまざまな種類のプラスチックを接着したりするために一般的に使用されます。 また、自動車部品、電子部品、家庭用品などのプラスチック製品も製造しています。 プラスチック用エポキシ接着剤にはさまざまな種類と配合があり、それぞれに独自の特性と用途があります。 最良の結果を得るには、特定の用途に適したタイプのエポキシ接着剤を選択することが不可欠です。

プラスチックからプラスチック、金属、ガラスに最適なエポキシ接着剤
プラスチックにエポキシ接着剤を使用する利点は何ですか?

プラスチックにエポキシ接着剤を使用する主な利点には次のようなものがあります。

  • 強力で耐久性のある結合: プラスチック用のエポキシ接着剤は、シアノアクリレート (瞬間接着剤) やホットメルト接着剤などの他の種類の接着剤よりも強力で耐久性のある接着を実現します。 そのため、強力な接着が必要な用途に最適です。
  • 多目的: プラスチック用エポキシ接着剤は、硬質プラスチック、柔軟プラスチック、テクスチャード加工されたプラスチック、多孔質プラスチックなどのさまざまな表面に使用できます。 プラスチックを金属や木材などの他の材料に接着することもできます。
  • 化学薬品や温度への耐性: プラスチック用エポキシ接着剤は、油、ガソリン、溶剤などの化学薬品や高温にも耐性があります。 このため、自動車、産業、電子アプリケーションに最適です。
  • 適用が簡単: プラスチック用エポキシ接着剤は、塗布が簡単で、ハケ、ヘラ、注射器などのさまざまなツールで使用できます。
  • ギャップ充填特性: プラスチック用エポキシ接着剤にはギャップフィリング特性があり、プラスチック表面間のギャップや空隙を埋めることができます。 これにより、壊れたプラスチック製品の修理に最適です。
  • 耐水性: プラスチック用エポキシ接着剤は耐水性です。つまり、水や湿気にさらされる用途に使用できます。
プラスチック用のエポキシ接着剤はどのように機能しますか?

プラスチック用エポキシ接着剤は、接合面間に化学結合を作成します。 この結合は、樹脂と硬化剤成分が混合されるときに開始される重合によって形成されます。 混合すると、樹脂と硬化剤が化学反応を起こし、ポリマーとして知られる長い分子鎖が形成されます。 このポリマーは、プラスチック表面間に強固で耐久性のある結合を作成します。

プラスチック用エポキシ接着剤の仕組みを詳しく説明します。

  • プラスチック用エポキシ接着剤は、樹脂と硬化剤のXNUMXつの成分で構成されています。
  • 樹脂と硬化剤は別々の容器に保管され、早期硬化を防ぎます。
  • 樹脂と硬化剤を混ぜると、反応して化学変化を起こします。
  • 化学反応により、ポリマーとして知られる分子の長い鎖が作成されます。
  • ポリマー鎖が成長するにつれて、プラスチック表面間に強力で耐久性のある結合が形成されます。
  • エポキシ接着剤の種類や環境の温度と湿度に応じて、硬化プロセスには数分から数時間かかります。
  • 硬化すると、プラスチック用エポキシ接着剤は、化学薬品、温度、および湿気に耐性のある結合を作成します。

プラスチック用エポキシ接着剤は、樹脂と硬化剤成分間の化学反応により、強力で耐久性のある接着を生み出します。 この結合は、XNUMX つの部分が反応するにつれて成長するポリマーを形成することによって作成されます。 硬化プロセスには時間がかかる場合がありますが、一度硬化すると、結合は強く、さまざまな環境要因に耐性があります。

プラスチック用エポキシ接着剤にはどのような種類がありますか?

プラスチック用のエポキシ接着剤にはいくつかの異なる種類があり、それぞれに独自の特性と用途があります。 最も一般的なタイプのいくつかを次に示します。

  • 二液型エポキシ接着剤: これは、プラスチック用エポキシ接着剤の最も一般的なタイプです。 樹脂と硬化剤のXNUMXつの部分で構成されており、使用前に混合する必要があります。
  • 一液性エポキシ接着剤: このタイプはあらかじめ混合されており、チューブから出してすぐに使用できます。 小さな接着作業や修理に最適です。
  • 高温エポキシ接着剤: このタイプは高温に耐えるように設計されており、自動車および産業用途に最適です。
  • 構造用エポキシ接着剤: この接着剤は、建設やエンジニアリングなどの過酷な用途向けに設計されています。 強度が高く、さまざまな素材を接着できます。
  • マリングレードのエポキシ接着剤: このタイプの接着剤は、塩水やその他の過酷な条件への暴露に耐えなければならない海洋環境で使用するように設計されています。
  • 透明エポキシ接着剤: このタイプは乾燥すると透明になるため、外観が重要な用途に最適です。
  • 速硬化エポキシ接着剤: このタイプの接着剤はすぐに固まるため、時間が重要な用途での使用に最適です。
  • 柔軟なエポキシ接着剤: 硬化後も柔軟性を保つタイプですので、動きや振動が予想される用途に最適です。

プラスチック用のエポキシ接着剤にはいくつかの異なる種類があり、それぞれに独自の特性と用途があります。 過酷な用途向けに設計された製品もあれば、小規模な接着作業や修理に最適な製品もあります。 最良の結果を確実に得るには、特定の用途に適したタイプのエポキシ接着剤を選択することが重要です。

プラスチックに適したエポキシ接着剤を選択するにはどうすればよいですか?

プラスチックに適したエポキシ接着剤を選択すると、強力で耐久性のある接着が保証されます。 適切なエポキシ接着剤を選択する際に考慮すべきいくつかの要因を次に示します。

  • プラスチックの種類: プラスチックの種類によっては、特定の種類のエポキシ接着剤が必要な場合があります。 たとえば、一部の接着剤は硬質プラスチックに適していますが、他の接着剤は柔軟なプラスチックに適している場合があります。
  • 絆の強さ: アプリケーションに必要な接着剤によって、必要なエポキシ接着剤の種類も決まります。 頑丈な用途では、構造用エポキシ接着剤が必要になる場合があります。
  • 治療時間: エポキシ接着剤の硬化時間も考慮すべき重要な要素です。 接着剤によってはすぐに硬化するものもありますが、数時間または数日かかるものもあります。
  • 温度耐性: アプリケーションが高温または低温にさらされる場合は、それらの条件に耐えるように設計されたエポキシ接着剤を選択することが重要です。
  • 耐薬品性: アプリケーションが化学薬品にさらされる場合、それらの化学薬品に耐性のあるエポキシ接着剤を選択することが不可欠です。
  • 適用方法: 塗布方法も、選択したエポキシ接着剤に影響を与える可能性があります。 例えば、垂直面に接着剤を塗布する場合は、より厚い接着剤が必要になる場合があります。
  • 色と透明度: ボンドの外観が重要な場合は、適切な色または透明度のエポキシ接着剤を選択することが重要です。

プラスチックに適したエポキシ接着剤を選択する際は、プラスチックの種類、接着強度、硬化時間、温度と耐薬品性、塗布方法、色や透明度を考慮することが重要です。 これらの要素を考慮して、用途に最適なエポキシ接着剤を選択できます。

プラスチック用エポキシ接着剤を選択する際に考慮すべき要素は何ですか?

プラスチック用のエポキシ接着剤を選択する場合、接着を確実に成功させるには、いくつかの要因を考慮する必要があります。 留意すべきいくつかの重要な要素を次に示します。

  • エポキシ接着剤を選択する際には、接着するプラスチックの種類が重要な考慮事項になります。 一部のプラスチックは他のプラスチックよりも接続が難しいため、作業するプラスチックの種類に合わせて特別に設計された接着剤を選択することが重要です。
  • 表面処理: 強固な接着を実現するには、適切な表面処理が不可欠です。 プラスチックの表面は清潔で乾燥しており、接着プロセスを妨げる可能性のある汚染物質や油が付着していない必要があります。
  • 適用方法: エポキシ接着剤の塗布方法も、接着強度に影響を与える可能性があります。 一部の接着剤は、射出成形、スプレー、または手動塗布などの特定の塗布方法により適している場合があります。
  • 治療時間: エポキシ接着剤の硬化時間は、接着剤の種類や環境条件によって異なります。 特定の用途のニーズに合った硬化時間の接着剤を選択します。
  • 温度耐性: アプリケーションが高温または低温にさらされる場合は、それらの条件に耐えるように設計されたエポキシ接着剤を選択することが重要です。
  • 耐薬品性: アプリケーションが化学薬品にさらされる場合、それらの化学薬品に耐性のあるエポキシ接着剤を選択することが重要です。
  • 絆の強さ: アプリケーションに必要な接着剤によって、必要なエポキシ接着剤の種類も決まります。 頑丈な用途では、構造用エポキシ接着剤が必要になる場合があります。
  • 色と透明度: 接着の外観が重要な場合は、適切な色または透明度のエポキシ接着剤を選択することが重要です。
  • 安全上のご注意: エポキシ接着剤を使用する際は、適切な個人用保護具の着用や換気の良い場所での作業など、すべての注意事項に従うことが不可欠です。

プラスチック用エポキシ接着剤を選択する際にこれらの要因を考慮することで、特定の用途のニーズを満たす適切な接着を確実に行うことができます。

プラスチックからプラスチック、金属、ガラスに最適なエポキシ接着剤
プラスチックにエポキシ系接着剤を使用する際の安全上の注意を教えてください。

プラスチック用のエポキシ接着剤を含む、あらゆる種類の接着剤を使用する場合は、自分自身と他の人を守るために適切な安全対策を講じることが重要です。 以下に、留意すべき重要な安全上の注意事項をいくつか示します。

  1. 手袋、保護メガネ、防毒マスクなどの保護具を着用してください。
  2. 換気の良い場所で作業し、煙を吸い込まないようにしてください。
  3. 接着剤は子供やペットの手の届かないところに保管してください。
  4. 接着剤は、熱源や直射日光を避け、涼しく乾燥した場所に保管してください。
  5. 接着剤の適切な使用と廃棄については、製造元の指示に従ってください。
  6. 皮膚炎やアレルギー反応を引き起こす可能性があるため、接着剤が皮膚に触れないようにしてください。
  7. 接着剤が皮膚についた場合は、直ちに患部を石鹸と水で洗い流してください。
  8. 誤って接着剤を飲み込んだ場合は、すぐに医師の診察を受けてください。
  9. 接着剤は可燃性のため、作業中は喫煙したり火気を使用しないでください。
プラスチックにエポキシ接着剤を使用する場合に必要な材料は何ですか?

プラスチックにエポキシ接着剤を使用するには、いくつかの基本的な材料が必要です。 必要となる最も一般的な材料のリストは次のとおりです。

  • エポキシ接着剤 は、プラスチック表面の接着に使用する主要な材料です。 必ずプラスチック用に設計されたエポキシ接着剤を選択してください。
  • プラスチックカバー: 接着する表面は、清潔で乾燥していて、グリース、油、またはその他の汚染物質が付着していない必要があります。 接着剤を塗布する前に、アセトンなどの溶剤で表面をきれいにする必要がある場合があります。
  • 混合容器: エポキシ接着剤を混合するための容器が必要です。 清潔で、プラスチックや金属など、エポキシに耐性のある素材で作られた容器を選択してください。
  • 攪拌ツール: エポキシ接着剤を混ぜるには木の棒やプラスチックのヘラなどの道具が必要です。
  • アプリケーター: 接着したい面のサイズや形状によっては、接着剤を塗布するためにブラシ、注射器、ローラーなどのアプリケーターが必要になる場合があります。
  • クランプまたはテープ: 接着剤が硬化する間、表面を一緒に保持するためにクランプまたはテープが必要になる場合があります。 接着したい文字の大きさや形に合わせてクランプやテープを選んでください。
  • サンドペーパー: プラスチックの表面が粗かったり凹凸がある場合は、滑らかな接着面を作成するためにサンドペーパーで研磨する必要がある場合があります。
  • 手袋と安全メガネ: 接着剤から手や目を保護するために、塗布プロセス中に手袋と安全メガネを着用することをお勧めします。
エポキシ接着剤で接着するために表面を準備するにはどうすればよいですか?

プラスチックをエポキシ接着剤で接着する前に、表面を適切に準備して、しっかりとした永続的な接着を確保することが重要です。 次の手順に従って、接合用の表面を準備できます。

  • 表面をきれいにします。 接着する両方がきれいで、汚れ、グリース、油、またはその他の汚染物質がないことを確認してください。 アセトンなどの溶剤を使用して、表面を完全に洗浄します。
  • 表面を粗くする: 接着するプラスチック部品の表面を粗くすることで、接着面積を増やし、接着強度を高めることができます。 サンドペーパーや回転工具を使用して、プラスチック部品の表面を軽く荒らします。
  • 表面を脱脂します: 表面を粗くした後、再び脱脂して、粗面処理中に蓄積した可能性のある破片やほこりを取り除きます。

表面を乾燥させます。 エポキシ接着剤を塗布する前に、表面を完全に乾燥させてください。 表面に水分があると、結合プロセスが妨げられ、結合が弱くなる可能性があります。

プラスチックからプラスチック、金属、ガラスに最適なエポキシ接着剤
プラスチック用のエポキシ接着剤を混合するにはどうすればよいですか?

プラスチック用エポキシ接着剤の混合は、接着プロセスの重要なステップです。 プラスチック用エポキシ接着剤を組み合わせる方法は次のとおりです。

  • 指示を読んで: エポキシ接着剤のパッケージに記載されている説明をよくお読みください。 エポキシ接着剤は混合比と硬化時間が異なるため、指示に従うことが重要です。
  • エポキシ接着剤を準備します。 レジンと硬化剤を同量の清潔な混合容器に注ぎます。 エポキシが適切に硬化するためには、樹脂と硬化剤を等量混合することが重要です。
  • 完全に混ぜ合わせます: 攪拌棒または混合ツールを使用して、樹脂と硬化剤を完全に混合します。 混合容器の側面と底をこすり、エポキシが均一に混合されるようにします。
  • 一貫性を確認します。 エポキシ接着剤を混合した後、一貫性をチェックして、よく混合されていることを確認します。 エポキシは均一で、すじや気泡がないようにする必要があります。
  • エポキシを適用します。 混合したエポキシ接着剤を接着する面の一方に塗布します。 ブラシまたはスプレッダーを使用して、エポキシを表面全体に均一に広げます。

これらの手順に従って、プラスチック用エポキシ接着剤を効果的に混合し、プラスチック部品間の強力な接着を確保できます。

エポキシ接着剤をプラスチックに塗布する際のヒントは何ですか?

プラスチックにエポキシ接着剤を塗布する場合、接着を確実に成功させるためのヒントがいくつかあります。 心に留めておくべきいくつかのヒントを次に示します。

  1. 接着には清潔で乾燥した表面を使用してください。
  2. 接着する両面に接着剤を均一に塗布します。
  3. 接着剤の量が多すぎても少なすぎても接着強度に影響するため、適切な量を使用してください。
  4. 接着剤に応力や負荷をかける前に、接着剤が完全に硬化するのに十分な時間をかけてください。
  5. 接着剤が硬化するまで、クランプまたはその他のツールを使用して、接着された部品を一緒に保持します。
  6. 除去しやすくするために、完全に硬化する前に余分な接着剤を取り除きます。
  7. 最良の結果を得るために、常に製造元の指示に従ってください。
エポキシ接着剤の硬化時間は?

プラスチック用エポキシ接着剤の硬化時間は、使用するエポキシの種類、温度、環境の湿度によって異なります。 通常、エポキシ接着剤は 5 ~ 20 分で固まり始め、24 ~ 72 時間以内に完全に硬化します。 接着剤は数時間後に触ると固く感じるかもしれませんが、十分な強度に達しておらず、応力や負荷に対して脆弱である可能性があることに注意することが重要です. したがって、接着剤に圧力や負荷をかける前に、接着剤が完全に硬化するまで待つことをお勧めします。 また、適切な硬化時間が観察されるように、使用されている特定のエポキシ接着剤の製造元の指示に従うことも不可欠です。

プラスチックからプラスチック、金属、ガラスに最適なエポキシ接着剤
プラスチックから余分なエポキシ接着剤を取り除く方法は?

エポキシ接着剤はプラスチックの接着剤としては非常に効果的ですが、扱いにくく扱いにくい場合があります。 誤ってエポキシ接着剤を塗りすぎた場合は、余分な部分を取り除いてきれいにするためのいくつかの手順があります。 プラスチックから余分なエポキシ接着剤を除去するためのヒントを次に示します。

  1. スクレーパーまたはパテ ナイフを使用して、余分なエポキシ接着剤が乾く前にそっとこすり落とします。
  2. 布を消毒用アルコールまたはアセトンで湿らせ、残った接着剤を取り除きます。
  3. 頑固な接着剤には、MEK やキシレンなどのプラスチックに安全な溶剤を使用してください。
  4. エポキシ接着剤がすでに硬化している場合は、余分な部分をヤスリでやすりがけする必要がある場合があります。
  5. 残ったエポキシ接着剤と洗浄剤は、地方条例に従って廃棄してください。

余分なエポキシ接着剤は、硬化して除去が困難になるのを防ぐために、できるだけ早くきれいにすることが重要です。 溶剤やその他の洗浄剤を取り扱う際は、手袋を着用し、換気の良い場所で作業してください。

プラスチック用エポキシ接着剤を使用した後、ツールと表面をきれいにする方法は?

プラスチック用のエポキシ接着剤を使用した後、工具や表面を清掃することは、接着剤が硬化して永久に接着しないようにするために非常に重要です。 ツールと表面をきれいにするために実行できるいくつかの手順を次に示します。

  • 余分な接着剤を取り除きます。 スクレーパーまたはパテナイフを使用して、表面から余分な接着剤を取り除きます。
  • 使用溶剤: 工具や表面を掃除するには、アセトン、消毒用アルコール、ラッカーシンナーなどの溶剤を使用してください。
  • ブラシでこする: こすって表面とツールをこすり、接着剤の残留物を取り除きます。
  • 水ですすぐ: 表面とツールを徹底的に洗い流し、残っている残留物を取り除きます。
  • ドライ: キャラクターとツールを完全に乾かしてから、再度使用してください。

エポキシ接着剤をクリーニングするときは、常に手袋を着用し、換気の良い場所で作業してください。

プラスチック用エポキシ接着剤の保管方法は?

プラスチック用エポキシ接着剤を適切に保管することは、その寿命と有効性を確保するために非常に重要です。 保管方法のヒントは次のとおりです。

  • 涼しく乾燥した場所に保管: エポキシ接着剤は、湿気が接着剤の品質に影響を与えるのを防ぐために、温度が 60°F から 90°F (15°C から 32°C) で湿度の低い場所に保管する必要があります。
  • 直射日光を避ける: 紫外線によってエポキシ接着剤が劣化し、強度が失われる可能性があるため、暗い容器または不透明な容器に保管することをお勧めします。
  • 元のパッケージを使用: 可能であれば、汚染を防ぎ、正しい混合比が守られるように、エポキシ接着剤を元のパッケージに保管してください。
  • コンテナーにラベルを付けます。 購入日と有効期限がある場合は、必ず容器にラベルを貼ってください。
  • 子供やペットの手の届かないところに保管してください。 エポキシ接着剤は、偶発的な露出を防ぐために安全に保管する必要があります。

これらの簡単な保管のヒントに従うことで、プラスチック用エポキシ接着剤をいつでも使用できる状態にし、堅牢で信頼性の高い接着を実現できます。

プラスチック用エポキシ接着剤の捨て方は?

プラスチック用エポキシ接着剤は、適切に処理しないと環境に害を及ぼす可能性があるため、廃棄には注意が必要です。 プラスチック用エポキシ接着剤を安全に廃棄するためのヒントを次に示します。

  • ラベルを確認します。 一部のブランドは、廃棄に関する具体的な指示を提供している場合があります。
  • エポキシを硬化させる: 少量のエポキシが残っている場合は、風通しの良い場所に置いて硬化させることができます。
  • 地域の規制を確認してください。 地域によっては、危険物の廃棄に関して特別な規則が設けられている場合があります。 地元当局に問い合わせて指導を受けてください。
  • 有害廃棄物処理施設に持ち込んでください: エポキシ樹脂が大量に残っている場合は、安全に廃棄できる有害廃棄物処理施設に持ち込むことをお勧めします。

これらのヒントに従えば、環境に害を与えることなくプラスチック用エポキシ接着剤を安全に廃棄できます。

プラスチックからプラスチック、金属、ガラスに最適なエポキシ接着剤
プラスチック用のエポキシ接着剤の一般的な用途は何ですか?

プラスチック用エポキシ接着剤は、工業用から DIY まで、さまざまな用途に使用できます。 プラスチック用エポキシ接着剤の一般的な用途には次のようなものがあります。

  • 壊れたプラスチック部品の修理: エポキシ接着剤は、おもちゃ、車の部品、家具などのプラスチック製品の亀裂、穴、または破損を修復できます。
  • 新しいプラスチックの物を作る: エポキシ接着剤は、カスタムメイドのプラスチック製品やプロトタイプを作成する場合などに、プラスチック部品を接着することができます。
  • 自動車修理: エポキシ接着剤は、バンパー、ヘッドライト、グリルなどのプラスチック製自動車部品の修理に使用できます。
  • 電子機器の修理: エポキシ接着剤は、スマートフォン、タブレット、ラップトップなどの電子機器のプラスチック部品を改善できます。
  • 配管修理: エポキシ接着剤は、プラスチックのパイプや継手の漏れをシールしたり、プラスチックのタンクや容器を修復したりできます。
  • アート&クラフト: エポキシ接着剤は、ジュエリー、彫刻、装飾品などのプラスチック製のオブジェクトを作成または装飾できます。
プラスチック用エポキシ接着剤はさまざまな種類のプラスチックに使用できますか?

プラスチック用エポキシ接着剤はさまざまなプラスチック素材に使用できますが、すべてのプラスチックが同じように作られているわけではないことに注意することが重要です。 プラスチックによっては、強力な接着を実現するために追加の準備や異なる種類のエポキシ接着剤が必要な場合があります。 エポキシ接着剤を使用できる一般的なプラスチックの種類をいくつか示します。

  • ポリエチレン (PE) およびポリプロピレン (PP): これらのプラスチックは表面エネルギーが低く、エポキシ接着剤の接着が困難なため、接着が最も難しいプラスチックの XNUMX つです。 これらのプラスチックを接着するには、表面活性剤やポリオレフィン接着剤などの特殊なタイプのエポキシ接着剤が必要になる場合があります。
  • アクリル: エポキシ接着剤はアクリルによく接着しますが、表面がきれいで、油や破片がないことを確認することが不可欠です.
  • ポリカーボネート(PC): このタイプのプラスチックはエポキシ接着剤で接着できますが、ポリカーボネート専用に設計されたエポキシ接着剤を選択することが重要です。
  • PVC: エポキシ接着剤は PVC に使用できますが、表面がきれいで、油や破片がないことを確認することが重要です。
  • ABS: エポキシ接着剤は ABS によく接着しますが、表面がきれいで、油や破片がないことを確認することが不可欠です。

プラスチック材料にエポキシ接着剤を使用する前に、製造元の指示を常に参照し、接着強度をテストすることが重要です。

温度はプラスチック用エポキシ接着剤にどのように影響しますか?

温度は、プラスチック用エポキシ接着剤の性能に大きな影響を与える可能性があります。 考慮すべきいくつかの重要なポイントを次に示します。

  1. エポキシ接着剤は温度変化に敏感であり、硬化時間は温度によって異なります。
  2. 一般に、温度が高いと硬化プロセスが加速され、温度が低いと硬化プロセスが遅くなります。
  3. プラスチックにエポキシ接着剤を使用するのに最適な温度は、通常、70°F ~ 80°F (21°C ~ 27°C) です。
  4. 極端に高温になると、エポキシが薄くなりすぎて、塗布が難しくなり、効果が低下する可能性があります。
  5. 一方、温度が低いとエポキシが濃くなりすぎて混合しにくくなる可能性があります。
  6. 保管および使用の温度範囲に関するメーカーの指示に従うことが不可欠です。
  7. 場合によっては、高温または低温環境で使用するように設計された特殊なタイプのエポキシ接着剤が利用できる場合があります。
プラスチック用エポキシ接着剤は屋外で使用できますか?

はい、プラスチック用エポキシ接着剤は屋外用途に使用できます。 ただし、紫外線、温度変化、湿気に耐えられる適切な種類のエポキシ接着剤を選択することが不可欠です。 また、適切な表面処理と塗布技術により、最大の接着力と耐久性が保証されます。 接着剤の寿命は、極端な温度、湿度、過酷な化学物質への暴露などの外的要因の影響を受ける可能性があることに注意することも重要です. したがって、屋外での使用に関するメーカーのガイドラインと推奨事項を参照することが重要です。

低温でプラスチックにエポキシ接着剤を使用する方法は?

プラスチック用のエポキシ接着剤は低温下でも使用できますが、接着を確実に行うには特定の予防措置を講じる必要があります。 凍結温度でエポキシ接着剤を使用するためのヒントを次に示します。

  1. 接着剤は使用前に室温で保管してください。
  2. 適用する前に、プラスチックの表面とエポキシ接着剤を室温まで温めます。
  3. ヒートガンまたはヘアドライヤーを使用して表面をやさしく温めますが、過熱したりプラスチックを溶かしたりしないでください。
  4. 接着剤の混合比率を上げてください。 温度が低いほど硬化時間が遅くなるため、混合物中の硬化剤を増やすと硬化プロセスが速くなります。
  5. 硬化時間をさらに長くしてください。 温度が低いほど硬化時間は長くなります。 硬化時間と温度範囲についてはメーカーの指示に従ってください。
高温でプラスチックにエポキシ接着剤を使用する方法は?

高温でプラスチックにエポキシ接着剤を使用すると、硬化プロセスが加速し、接着強度に影響を与える可能性があるため、いくつかの課題が生じる可能性があります。 高温でプラスチックにエポキシ接着剤を使用するためのヒントを次に示します。

  • エポキシ接着剤は、涼しく乾燥した場所に保管してください。 高温はエポキシの硬化を早め、保管寿命を短くする可能性があります。 したがって、接着剤の完全性を維持するには、接着剤を涼しく乾燥した場所に保管することが不可欠です。
  • 小さなバッチでエポキシを混ぜます。 エポキシを少量ずつ混合すると、混合物の過熱や硬化が早すぎるのを防ぐことができます。 メーカーの指示に従って、成分を完全かつ正確に混合することが不可欠です。
  • 換気の良い場所でエポキシを塗布します。 高温でエポキシを使用すると、煙の発生がさらに強くなる可能性があるため、煙を吸入しないように換気の良い場所で作業することが不可欠です。
  • 耐熱エポキシを使用します。 高温耐性が必要な用途では、最高 250°F 以上の温度に耐えられる耐熱エポキシを使用してください。
  • より硬化の早いエポキシの使用を検討してください。 一部のエポキシ接着剤は、高温でより速く硬化するように設計されています。 これらは、ボンディングをすばやく設定する必要がある場合に適したオプションです。
  • より長い硬化時間を考慮してください: 高温によりエポキシ接着剤の硬化時間が短くなる可能性がありますが、高温であっても推奨硬化時間を確保することが重要です。 これにより最適な接着強度が確保され、熱によって損なわれることはありません。

全体として、高温でプラスチックにエポキシ接着剤を使用するには、細部に注意を払い、環境要因を慎重に考慮する必要があります。 適切な技術と予防措置を講じれば、高温環境でも堅牢で信頼性の高い接合を実現できます。

プラスチック用エポキシ接着剤を柔軟なプラスチックに使用するにはどうすればよいですか?

柔軟なプラスチックにエポキシ接着剤を使用すると、接着剤がひび割れたり破損したりせずに曲がったり曲がったりする必要があるため、注意が必要です。 柔軟なプラスチックにエポキシ接着剤を使用するためのヒントを次に示します。

  • 正しいタイプのエポキシ接着剤を選択してください: 柔軟なプラスチック用に特別に設計された接着剤を探してください。 これらのタイプの接着剤は、より柔軟でプラスチックと一緒に移動できるように配合されています。
  • 表面を準備します。 表面がきれいで乾燥していて、接着プロセスに影響を与える可能性のあるグリースやオイルがないことを確認してください。
  • 接着剤を薄い層で塗布します。 各表面に接着剤の薄い層を塗布し、乾燥させてから層を追加します。
  • サーフェスを一緒にクランプします。 接着剤が乾燥する間、クランプを使用して表面を一緒に保持します。 これは、強い結合を確保するのに役立ちます。
  • ある程度の柔軟性を考慮してください。 柔軟なエポキシ接着剤を使用した場合でも、結合はまだある程度固い場合があることに注意してください。 ひび割れや破損を防ぐために、関節にある程度の柔軟性を持たせてください。
硬質プラスチックにプラスチック用エポキシ接着剤を使用するにはどうすればよいですか?

エポキシ接着剤は硬質プラスチックにも軟質プラスチックにも使用できますが、プラスチックの種類によってプロセスが若干異なる場合があります。 硬質プラスチックにエポキシ接着剤を使用する場合は、次の手順に従ってください。

  • 表面をきれいにして準備します。 サンドペーパーを使用してそれらを完全にきれいにし、粗くして、より良い接着を作ります。
  • エポキシ接着剤を混ぜます。 製造元の指示に従って、エポキシ接着剤を混合します。
  • 接着剤を塗布します。 ブラシまたはへらを使用して、表面の XNUMX つにエポキシ接着剤を塗布します。
  • サーフェスを結合します。 XNUMX つの面をしっかりと押して、接着剤が固まるまで数分間保持します。
  • 接着剤を硬化させます。 結合されたプラスチックを使用する前に、接着剤を推奨時間硬化させておきます。

柔軟なプラスチックにエポキシ接着剤を使用する場合は、いくつかの追加手順を実行する必要があります。

  • 適切な接着剤を選択してください: 柔軟なプラスチック用に特別に設計された接着剤を選択してください。
  • 接着剤をテストします。 貼る前に、目立たない小さな部分でテストして、損傷がないことを確認してください。
  • プラスチックを加熱します。 ヒートガンまたはヘアドライヤーを使用してプラスチックを加熱し、柔軟性を高めます。
  • 接着剤を塗布します。 一方の面にエポキシ接着剤を塗布し、XNUMX つの面を接合します。
  • 接着剤を硬化させます。 結合されたプラスチックを使用する前に、接着剤を推奨時間硬化させておきます。
テクスチャーのあるプラスチックのプラスチックにエポキシ接着剤を使用する方法は?

テクスチャードプラスチック用のエポキシ接着剤は、強力な接着を確実にするために適切な準備と塗布技術を必要とします。 以下にいくつかの手順を示します。

  • 表面処理: テクスチャード加工されたプラスチックの表面を石鹸と水で完全に洗浄し、完全に乾かします。 表面がひどく汚れていたり脂っこい場合は、アセトンなどの溶剤を使用してきれいにしてください。
  • 表面を研磨する: テクスチャーのあるプラスチックの表面を目の細かいサンドペーパー (約 120 グリット) で軽く研磨して、より粗いテクスチャーを作成し、接着する表面積を増やします。
  • 接着剤を塗布します。 メーカーの指示に従ってエポキシ接着剤を混合します。 つまようじ、小さなブラシ、または注射器を使用して、表面全体を覆うように接着剤をテクスチャーのあるプラスチックの表面に塗布します。 接着剤を付けすぎると見た目が汚くなったり、接着力が弱くなったりする可能性があるので注意してください。
  • サーフェスを結合します。 凹凸のあるプラスチックの面を接着するもう一方のシェルに合わせ、XNUMX つのキャラクターをしっかりと押し付けます。 接着剤が硬化する間、クランプまたはテープを使用してカバーを固定します。
  • 硬化時間: エポキシ接着剤を推奨時間硬化させてから、接着剤を扱ったり接着剤に応力を加えたりしてください。 特定の製品と温度に応じて、これには数時間または一晩かかる場合があります。

エポキシ接着剤を使用すると、質感のあるプラスチック表面を強力に接着できます。

滑らかなプラスチックのプラスチックにエポキシ接着剤を使用する方法は?

滑らかなプラスチックにエポキシ接着剤を使用するのは、比較的簡単なプロセスです。 ただし、強力な結合を確保するには、いくつかの準備が必要です。 手順は次のとおりです。

  • 表面をきれいにします: 接着剤を塗布する前に、表面に汚れ、ほこり、油、または接着強度に影響を与えるその他の汚染物質がないようにしてください。 脱脂剤または消毒用アルコールを使用して、表面を徹底的にきれいにします。
  • 表面を研磨する: 目の細かいサンドペーパーで表面を研磨すると、接着剤がプラスチックによく付着します。
  • 接着剤を混ぜます: エポキシ接着剤の混合については、製造元の指示に従ってください。
  • 接着剤を塗布します。 小さなブラシまたはスパチュラを使用して、接着剤をプラスチックの表面に塗布します。 しっかりと密着するよう十分に塗布してください。
  • 部品をクランプします。 強力な接着を確実にするために、少なくとも 24 時間、ピースを一緒にクランプします。
  • 治しましょう: プラスチック製品を使用する前に、メーカーの指示に従って接着剤が硬化するまで待ってください。

滑らかなプラスチックにエポキシ接着剤を使用すると、強力な接着を確実に実現できます。 ただし、プラスチックの種類に適した種類の接着剤を使用し、製造元の指示に注意深く従うことが重要です。

多孔質プラスチックのプラスチックにエポキシ接着剤を使用する方法は?

多孔質プラスチックにエポキシ接着剤を使用するのは難しい場合がありますが、しっかりと接着することは可能です。 手順は次のとおりです。

  • 表面をきれいにします。 他の種類のプラスチックと同様に、接着する表面を完全にきれいにすることが不可欠です。 脱脂剤またはイソプロピル アルコールを使用して、存在する可能性のある汚れ、グリース、または油を取り除きます。
  • 表面を研磨する: 多孔質プラスチックは表面が粗くなる傾向があり、エポキシが正しく接着するのが難しくなります。 細かいサンドペーパーを使用して、接着するシェルを研磨します。 これにより、エポキシが接続するためのより良い表面が作成されます。
  • エポキシを適用します。 製造元の指示に従って混合し、表面の XNUMX つに適用します。 必ずまんべんなく、全体にのばしてご使用ください。
  • サーフェスを一緒に押します: 接着する面を慎重に合わせ、しっかりと押し合わせます。 カバーの間にエアポケットや隙間がないことを確認してください。
  • サーフェスをクランプする: 可能であれば、エポキシが硬化する間、クランプを使用して表面を一緒に保持します。 これにより、強い結合が保証されます。
  • エポキシを硬化させます。 硬化時間は、特定のエポキシ接着剤と作業エリアの温度と湿度によって異なります。 硬化時間については、メーカーの指示に従ってください。

これらの手順に従うことで、エポキシ接着剤を使用して多孔質プラスチック間に強力な接着を実現できます。

プラスチックにエポキシ接着剤を使用するときに避けるべきよくある間違いは何ですか?

プラスチック用エポキシ接着剤を使用する場合、結合の強度と有効性を損なう可能性のあるよくある間違いを避けることが重要です。 避けるべきいくつかの一般的な間違いは次のとおりです。

  • 表面を適切に清掃していない場合: 表面を適切に洗浄および準備しないと、結合が弱くなる可能性があります。 接着剤を塗布する前に、汚れ、油、破片を取り除くことが不可欠です。
  • 間違ったエポキシの混合: エポキシは、製造元の指示に従って混合する必要があります。 十分に混ぜなかったり、推奨混合比を守らないと接着不良の原因となります。
  • 接着剤の塗布量が多すぎる、または少なすぎる: 接着剤を塗布しすぎると、余分な接着剤が除去しにくくなり、結合を妨げる可能性があります。 逆に、接着剤が少なすぎると、結合が弱くなり、簡単に壊れてしまう可能性があります。
  • 接着剤が適切に硬化しない: 接着したアイテムを使用する前に、接着剤を完全に硬化させることが重要です。 完全に修正される前に急いだり、プロセスを使用したりすると、絆が弱くなる可能性があります。
  • 間違った種類の接着剤の選択: すべての種類のエポキシ接着剤がすべての種類のプラスチックに適しているわけではありません。 間違った種類の接着剤を決定すると、接着力が低下し、結合が弱くなる可能性があります。

これらのよくある間違いを避け、接着剤の準備、混合、塗布、硬化の適切な手順に従うことで、プラスチック表面間に強固で長期にわたる接着を実現することができます。

プラスチックにエポキシ接着剤を使用する際の一般的な問題のトラブルシューティング方法は?

プラスチックにエポキシ接着剤を使用する場合、接着プロセス中にいくつかの一般的な問題が発生する可能性があります。 これらの問題をトラブルシューティングするためのヒントを次に示します。

  • 不完全な硬化: エポキシ接着剤が完全に硬化しない場合は、樹脂と硬化剤の比率が間違っているか、温度が低すぎるか、換気が少なすぎることが原因である可能性があります。 この問題を解決するには、混合比を調整するか、温度や換気を高めるか、別の種類のエポキシ接着剤を使用してみてください。
  • 接着不良: エポキシ接着剤がプラスチック表面にうまく接着しない場合は、表面の汚染または不適切な準備が原因である可能性があります。 この問題のトラブルシューティングを行うには、接着剤を塗布する前に表面を徹底的に清掃し、乾燥していることを確認してください。 接着力を高めるためにプライマーまたはサンドペーパーを使用して表面を粗くします。
  • 気泡: 塗布後に接着剤に気泡が入っている場合は、混合や塗布が不適切である可能性があります。 この問題を解決するには、接着剤をよく混ぜて薄く均一に塗布します。 塗布前に真空チャンバーを使用して気泡を除去することもできます。
  • 不均一な塗布: 接着剤が不均一に塗布されていると、接着が弱くなる可能性があります。 この問題をトラブルシューティングするには、接着剤を均等に塗布し、表面全体を覆うようにします。 ブラシまたはへらを使用して接着剤を均等に広げ、余分な部分を取り除きます。
  • 過度の縮小: 硬化プロセス中に接着剤が収縮しすぎる場合は、混合比が正しくないか、温度が低すぎることが原因である可能性があります。 この問題をトラブルシューティングするには、混合比を調整するか、温度を上げて適切に硬化させます。
プラスチックからエポキシ接着剤を取り除くにはどうすればよいですか?

プラスチックからエポキシ接着剤を除去するのは難しいプロセスですが、いくつかの方法を試すことができます。 プラスチックからエポキシ接着剤を除去するために実行できるいくつかの手順を次に示します。

  • 加熱方法: ヒートガンやヘアドライヤーでエポキシ接着剤を熱し、プラスチックスクレーパーで削り取ります。
  • 溶媒法: アセトンや消毒用アルコールなどの溶剤をエポキシ接着剤に塗布し、数分間放置します。 次に、プラスチック製のスクレーパーを使用して接着剤を取り除きます。
  • 機械的方法: サンドペーパーまたは研磨を使用して、エポキシ接着剤を機械的に除去します。
  • 化学的方法: 使用しているプラ​​スチックの種類に適合する化学エポキシ接着剤リムーバーを使用してください。

エポキシ接着剤の除去は危険な場合があることに注意することが重要です。そのため、すべての安全上の注意に従い、手袋や呼吸用保護具などの保護具を着用してください。 プラスチックを損傷しないことを確認するために、最初に目立たない小さな領域で取り外し方法をテストします。

エポキシ接着剤で新しいプラスチック製品を作成する方法は?

プラスチック用エポキシ接着剤は、新しいプラスチック オブジェクトの作成や既存のオブジェクトの修復に役立ちます。 エポキシ接着剤を使用して新しいプラスチック オブジェクトを作成するには、次の手順に従う必要があります。

  • オブジェクトを設計します。 始める前に、何を作成したいのかを明確に理解する必要があります。 寸法や具体的な機能を考慮して、物の計画やデザインを作成します。
  • プラスチックを選択してください: オブジェクトに使用するプラスチックの種類を選択します。 プラスチックがエポキシ接着剤と互換性があり、必要に応じて成形または成形できることを確認してください。
  • 表面を準備します。 エポキシ接着剤で接着されたプラスチックの表面をきれいにします。 汚れ、グリース、またはその他の汚染物質がないことを確認してください。
  • エポキシ接着剤を混ぜます。 メーカーの指示に従ってエポキシ接着剤を混ぜます。 それが完全に混合されていることを確認してください。
  • エポキシ接着剤を塗布します。 接着する必要がある表面にエポキシ接着剤を塗布し、均一に広がるようにします。 必要に応じて、パテナイフまたは同様のツールを使用して接着剤を取り除きます。
  • 接着剤を硬化させます。 接着剤が完全に硬化するまで待ちます。接着剤の種類や温度と湿度の条件によっては、数時間または数日かかる場合があります。
  • オブジェクトの形を整えて仕上げる: 接着剤が硬化したら、サンドペーパーやその他のツールを使用して形を整えて完成させます。

エポキシ接着剤は、適切な準備と慎重な塗布により、プラスチック製品の作成または修復に役立ちます。

結論として、プラスチック製の物体を接着するためにエポキシ接着剤を使用することは、その強力な接着特性とさまざまな環境要因に耐える能力により効果的な解決策です。 製造業者と消費者は、エポキシ接着剤を信頼してプラスチック製の物体を耐久性と長期にわたって接着できるため、製品の全体的な品質と寿命に貢献できます。

エポキシ接着剤を使ってプラスチック製の物体を修復するにはどうすればよいですか?

エポキシ接着剤は、プラスチック製のオブジェクトを修復するための効果的なソリューションであり、プロセスは比較的簡単です。 エポキシ接着剤でプラスチックを修理する際の一般的な手順は次のとおりです。

  • エリアを掃除します。 修正する場所を徹底的に清掃して、汚れ、油、破片を取り除きます。 消毒用アルコールまたはアセトンを使用して部位をきれいにし、完全に乾かします。
  • 表面を研磨する: サンドペーパーを使用してプラスチックの表面を粗くすると、エポキシ接着剤の接着が改善されます。 表面がざらざらして鈍くなるまで研磨します。
  • エポキシを混ぜます: メーカーの指示に従ってエポキシ接着剤を混ぜます。 十分に混合して、接着剤が適切に活性化されていることを確認してください。
  • エポキシを適用します。 混合エポキシを塗りすぎないように気をつけながら、傷の部分に塗ります。 爪楊枝または小さなブラシを使用して、エポキシ樹脂を小さく届きにくい場所に塗布します。
  • エポキシが硬化するのを待ちます。 オブジェクトを取り扱う前に、エポキシが完全に硬化するまで待ってください。 硬化時間は使用するエポキシ接着剤の種類や環境の温度、湿度によって異なります。
  • 砂と形: エポキシが完全に硬化したら、サンドペーパーを使用して修復領域を滑らかにし、形を整えます。
プラスチック接着エポキシ接着剤メーカーについて

Deepmaterial は、反応性ホットメルト感圧接着剤の製造業者およびサプライヤーであり、プラスチック接着エポキシ接着剤、アンダーフィル エポキシ接着剤、XNUMX 成分エポキシ接着剤、XNUMX 成分エポキシ接着剤、ホットメルト接着剤接着剤、UV 硬化接着剤、高屈折率光学接着剤、磁石接着剤を製造しています。プラスチックから金属およびガラスへの最高の防水構造用接着剤、家電製品の電気モーターおよびマイクロモーター用の電子接着剤。

高品質保証
Deepmaterial は、電子プラスチック接着エポキシ接着剤業界のリーダーになることを決意しており、品質は私たちの文化です!

工場卸売価格
お客様が最も費用対効果の高いプラスチック接着用エポキシ接着剤製品を入手できるようにすることをお約束します。

プロの製造業者
電子プラスチック接着用エポキシ接着剤をコアとして、チャネルと技術を統合

信頼できるサービス保証
プラスチック接着エポキシ接着剤OEM、ODM、1 MOQを提供します。証明書のフルセット

エポキシアンダーフィルチップレベル接着剤

この製品は、幅広い材料に良好な接着性を持つ一液熱硬化性エポキシです。 ほとんどのアンダーフィル用途に適した超低粘度の古典的なアンダーフィル接着剤です。 再利用可能なエポキシ プライマーは、CSP および BGA 用途向けに設計されています。

チップのパッケージングおよびボンディング用の導電性銀接着剤

製品カテゴリ: 導電性銀接着剤

高導電性、熱伝導性、耐高温性などの高信頼性を備えた導電性銀接着剤製品です。 この製品は、高速ディスペンス、良好な適合性のディスペンスに適しています。接着点は変形せず、崩壊せず、広がりません。 硬化材料の湿気、熱、高温および低温耐性。 80℃低温速硬化、良好な電気伝導性と熱伝導性。

UV湿気二重硬化接着剤

回路基板の局部保護に適したアクリル接着剤非流動性、UV 湿式二重硬化カプセル化。 この製品は、UV (黒) の下で蛍光します。 主に、回路基板上の WLCSP および BGA のローカル保護に使用されます。 有機シリコーンは、プリント回路基板やその他の敏感な電子部品を保護するために使用されます。 環境保護を提供するように設計されています。 この製品は通常、-53°C ~ 204°C で使用されます。

敏感なデバイスおよび回路保護用の低温硬化エポキシ接着剤

このシリーズは、短時間で広範囲の材料に良好な接着性を発揮する低温硬化型の一液熱硬化型エポキシ樹脂です。 典型的なアプリケーションには、メモリ カード、CCD/CMOS プログラム セットが含まれます。 低い硬化温度が必要な熱に敏感なコンポーネントに特に適しています。

二液型エポキシ接着剤

この製品は室温で硬化し、耐衝撃性に優れた透明で低収縮の接着剤層になります。 完全に硬化すると、エポキシ樹脂はほとんどの化学薬品や溶剤に耐性があり、広い温度範囲で寸法安定性が良好です。

PUR 構造用接着剤

この製品は、一液性湿式反応性ポリウレタン ホットメルト接着剤です。 溶融するまで数分間加熱してから使用し、室温で数分間冷却すると初期接着力が良好です。 そして、適度なオープンタイム、優れた伸び、素早い組み立てなどの利点があります。 24時間後に水分化学反応硬化する製品は100%固形分であり、元に戻すことはできません。

エポキシ封止剤

耐候性に優れ、自然環境への適応性に優れています。 優れた電気絶縁性能、コンポーネントとライン間の反応を回避でき、特殊な撥水剤、コンポーネントが湿気や湿気の影響を受けるのを防ぎ、優れた放熱能力、電子部品の動作温度を下げ、寿命を延ばすことができます。

光学ガラスUV粘着低減フィルム

DeepMaterial 光学ガラス UV 粘着低減フィルムは、低複屈折、高い透明度、非常に優れた耐熱性と耐湿性、および幅広い色と厚さを提供します。 また、アクリルラミネートフィルター用のアンチグレア表面と導電性コーティングも提供しています。